QUOINE太郎

記事一覧(28)

Global Head of Business Development & Sales, SethのAMAサマリー(2019年2月18日公開分)

2月18日(月)公開の当社Global Head of Business Development & SalesのSethによるAMA配信内容のサマリーを掲載いたします。※AMAとはAsk Me Anythingの略で何でも私に聞いてね、という意味の英語のネットスラング表現です。配信者が視聴者からの質問に答える形式の動画配信を指すことが多いです。当社AMAの最新情報については、Quoine JapanのTwitter, Facebook, Telegramのアカウントにて随時更新されます。今後も予定しておりますので、ぜひフォローをお願いいたします。Twitter: https://twitter.com/QUOINE_JapanFacebook: https://www.facebook.com/Quoine.jp/Telegram: https://web.telegram.org/#/login以下AMAの内容です。回答者(以下A):セス・メラメド当社Global Head of Business Development & SalesQ1:出金プロセスはどのように改善されるのですか?A:我々はすでに仮想通貨の出金プロセスを改善するMPC(マルチパーティコンピューティング)を実装しており、このことをお知らせできる点についてとても興奮しています。我々のゴールは、5分ごと、毎日、24時間365日、出金を可能にすることです。すでにビットコインとイーサリアムの出金においてMPC技術を活用しており、平日では1日あたりおよそ10回の出金、週末では1〜2回の出金処理をしています。最終的に出金頻度は週7日まで増えます。この出金プロセスの対象となる通貨の範囲を拡大する予定です。4月までにLiquidが取り扱う全ての通貨にこの出金プロセスが適応されるようにしたいと考えています。出金プロセスは加速しましたが、セキュリティ上の妥協は一切していません。お客様の資産は依然として100%コールドウォレットで管理しています。今回の出金プロセス加速に伴う資産の対象となるのは、Quoineが保有する仮想通貨のごく一部です。いくつかのケースにおいて、出金手数料を導入する予定です。我々は、グローバルで見られる慣行およびユーザーの利害との一致を図ります。この出金手数料は、我々が予定している出金プロセス加速の最終段階に入った時点での導入となる予定です。また、スローな出金に対しては手数料を無料にすることを考えています。Q2:法定通貨の追加は予定していますか?(日本国外ユーザー向けの内容となります)A:はい、予定しています。成長に伴い提供可能な法定通貨の範囲を拡大するために、インフラに大きな投資を行いました。GBP(英ポンド)の取引ペアを今後追加予定です。その他の法定通貨に関してもグローバルユーザーからの需要を見ながら追加を検討していきます。Q3:Liquidはイギリスでの協業を検討していますか?A:イギリスは金融の中心です。その重要性について我々は十分理解しています。我々は、イギリスのお客様の入出金をシンプルで迅速なものにできるよう、ペイメントプロバイダーとの協業を模索しています。イギリスのお客様の迅速な入出金を行うための支払いの迅速化を図っています。Q4:現在、ワクワクするようなプロジェクトはありますか?A:現在、日本のある某大手小売企業と、同社が販売する商品の支払いにビットコインやその他QASHを含む仮想通貨を使えるようにするために、ディスカッションを継続しています。もしこの提携が実現すると、仮想通貨がこれまで以上に大きく注目され躍進することになるでしょう。Q5:金融機関は仮想通貨についてどういった見解を持っているのでしょうか?A:まず、私個人の話を少しさせてください。私が初めてビットコインに出会ったのは、2014年にある大手銀行で働いていたときのことです。Quoine共同創業者のMarioが私にビットコインを送ってくれたのです。これが私のクリプトジャーニーの始まりでした。2015年ごろまでは、ブロックチェーンに関するコンファレンスなど、当時は5~6人の小規模なものがほとんどで宣伝もされていませんでしたが、よく参加していました。ある時、コンファレンスに参加した時に、私が働いていたゴールドマンサックスでFX取引を決済するためにブロックチェーンを利用できないかと検討を始めました。2019年の現在は、ほとんどの金融機関がブロックチェーンがどのように決済を改善できるかについて認識し理解しています。今日の金融機関は、エンドユーザーが投資オプションや決済手段のひとつとして、仮想通貨を必要とするようになる日を待ち望んでおり、それは今も進行中の話です。大規模な導入には、これらの大手金融機関に優れたカストディソリューションを提供することが必要となります。カストディベンダーは開発を始めており、我々も他のカストディソリューションとは異なる独自のカストディソリューションを作成することに取り組んでいます。Q6:競合他社と比べてLiquidの異なる点について教えてください。A:まず、金融庁からの認可を受け、規制の下で運営しているという点に関して、その重要性を過小評価するべきではありません。最近我々は、多くの取引所が閉鎖するのを目の当たりにしてきました - 彼らは規制、ライセンス、そしてガバナンスを欠いていました。我々は規制を遵守し、長く継続することを見据えて、取引所を運営しています。顧客資産の分離:我々は毎日、顧客に対するすべての義務が満たされているか、もしくはそれを超えていることを証明する必要があります。具体的には、法定通貨側では、これは分離された銀行口座残高、またはブロックチェーン側では、すべてのクライアントの仮想通貨の合計を超える指定のウォレット残高を有しているかを意味します。私たちはこれを毎日欠かさず行なっています。これらのプロセスを通じて、顧客の資産がすべて計上されていることを規制当局に証明しています。我々は世界中の銀行と対話しており、法定通貨オプションを提供することができます。我々はワールドブックによって流動性を提供し、実際には我々の取引所において徐々にいくつかの通貨ペアにおいて導入を始めています。Q7:QASHについてA:個人的な話ではありますが、私はたくさんのQASHを保有しています。私は自分の資金の多くをQASH ICOに投資しましたが、私はまだそれらのQASHトークンの大部分を保持しています。私自身と経営陣に関して言うと、私たち全員がQASHの成功に巨額の投資をしています。そのことが我々の開発の機動力となっているのです。QASHユーティリティを実装するための、専用のマネジメントチームおよびエンジニアリングチームを有しています。最新のブログ投稿で新たなユーティリティの概要を説明する予定です。我々は出金手数料の導入とQASH保有者が享受する恩恵を結びつける予定です。Q8:出金プロセスの加速はユーザーにとってどの程度重要でしょうか?A:非常に重要です。ユーザーは、仮想通貨には迅速なアクセスが必要であると考えており、それが私たちに自信を与えています。我々が実施した顧客調査によると、より迅速な出金がLiquidの取引量を促進するという相関関係が明らかになりました - それはより大きな流動性とより良いサービスをすべての人にもたらすことを意味しています。我々はこれを非公式に知っていましたが、この調査を持って我々の考えが間違っていなかったことを改めて認識しました。Q9:Liquidはアドバイザリーサービスを提供することに関心がありますか?A:はい、あります。我々は日本での活動を視野に入れているスタートアップ向けのアドバイザリーサービスを開始することを考えています。日本は、仮想通貨が何であるかの枠組み作り、および仮想通貨取引所のライセンス制度を世界で初めて導入・実施した国です - それらは非常に前向きなものです。我々は多くの規制が業界にとって前向きな形で今後整っていくのではないかと考えています - その点に関して、スタートアップ企業は日本に興味を持っています。マーケットは複雑で、単純なものではありません。規制当局、特注のAML / KYC要件など様々で、これらに関して我々の運営記録に基づき、我々は救いの手を差し伸べることができると考えています。こちらに関しては、別途アナウンスさせていただくことになると思います。Q10:ADA(カルダノ)などの新たなトークンの上場の予定はありますか?A:特定のトークンに関してお話しすることはできませんが、非常に興味深いテクノロジーが開発されていることは認識しています。Liquidでは新たなプロトコルの導入を検討していますが、新たなトークンや通貨のリスティングには厳正な審査プロセスを経る必要があります。我々は常に新たなテクノロジーに目を向けています。例えば、HashgraphやMimblewimble、そしてカルダノなどに対して多くの関心が寄せられていることは十分認識していますが、残念ながら現時点で公表できることはありません。Q11:カストディソリューションについて具体的なプランはありますか?(日本国外の内容となります)A:はい、今カストディビジネスを進めることを考えています。一点、明確にしなければならないことは、我々はこのビジネスにおいて伝統的な体系とは異なるアプローチをとるつもりです。ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)や36時間の資産返却までに要する時間を考慮した、従来のデータセンターの構築は考えていません。我々はより安全でより高いレベルのサービスを提供する技術があると考えています。我々が新たな出金サービスと共にこのフレームワークを構築することができたならば、これを金融機関やヘッジファンド、富裕層個人などに提供するカストディソリューションとして拡張していきたいと考えています。我々は世界でよく知られている複数のカストディサービスのプレーヤーと秘密保持契約を結んでいます。我々は新しい技術を活用することにより、非常に説得力のあるオファーをすることができると考えています。このソリューションを提供できる日が来ることを非常に楽しみにしています。Q12:米コインベース社が提供しているCoinbase bundleのようなLiquid bundleサービスを開始する予定はありますか?A:私達はこれらの類のプロダクトに目を向けていますが、需要についてよく把握できていません。ETFと同様に、投資家が原資産を所有する必要なしにこのマーケットへ参入することを可能にする、時価総額トップ10の仮想通貨の統合であるLiquid 10について検討しています。現在は検討中で、具体的な日時などは決まっていません。こちらに関しても、ご提案を歓迎します。Q13:Liquidはどのように財務管理を行なっているのですか?A:我々は資産を分離し、口座の残高を監視し、これに基づいて規制当局と日々連携しています。これこそがLiquidの真の差別化要因です。Q14:仮想通貨市場はなぜこれほど下降傾向なのでしょうか?A:私たちは今、クリプトウィンター(仮想通貨の冬の時期)にいます。理由は、新しい技術に対する期待が、実際の実用性をはるかに上回っているためです。価値の憶測が暴走したためと考えられます。熱狂が冷めてしまった部分はあると思いますが、それで問題ありません。ビットコインはこれまで多数のサイクルを経験してきました。問うべきは、どのようにこの状況を打開するか?です。我々は、人々の生活に価値をもたらすプロジェクトと導入事例に焦点を当てることによって、冬から春に向かおうと考えています。我々はこの点において、マーチャントサービス事業に焦点を合わせています。我々は仮想通貨が伝統的な支払いシステムに革新をもたらすことができると考えています。Q15:今後6ヶ月は、過去6ヶ月に比べてどれくらい盛り上がりを見せるのでしょうか?A:Quoineでは、我々は常に全速力で駆けておりますが、特に下記を含む重要な機能のいくつかについては、今後6ヶ月に実施・導入を行いたいと考えています:・デビット・クレジットカードによる入金(日本ユーザーは当初ご利用いただけない予定です)・より簡単に仮想通貨を売買できる機能の導入・QASH ユーティリティ・リキッド・マーチャントサービス・カストディサービスの提供(上記内容に関しては海外での提供を考えています)・5分ごとの出金を目標とする、出金の改善Q16:Liquidカスタマーに対して手数料を導入することはどれほど重要ですか?A:歴史的に見ても、我々はこれまで取引手数料はチャージしてきませんでした。取引手数料について、我々は慎重に検討しています。しかしLiquidプラットフォームにおける手数料の導入は、出金および取引のサービス改善に伴なって行われます。手数料の導入はユーザーにとって許容できるものと考えています。コミュニティの皆様へ素晴らしい質問をいただき、皆さんにとても感謝しています。一方で、全ての質問に対して回答できなかったのは、残念で大変申し訳なく思っています。我々は仮想通貨とブロックチェーンにとって最良の時代はそこまで来ていると信じており、またそのことに我々はとても興奮しています。私はこの業界の一員であること、また、真にビジネスを構築し最終的に皆さまの生活をより良いものにしていくエコシステム全体の構築を支援するチームの一員であることを、非常に光栄に思います。現時点では、マーケット感情はベストとは言い難いですが、進む道がいつも平坦なものとは限りません。重要なのは、私たちがクライアントとQASH保有者にサービスを提供し、世の中にブロックチェーン技術が幅広く採用されるようになるために、ブロックチェーン技術がより開発される支援を行うことにコミットしていることです。私は今、Quoineに入社するために日本に来た1年前と同じくらい興奮しています。我々はすべてのフィードバックと繋がりに感謝し、またそれをすべて受け止めて前に進んで行きます。皆さん、ありがとうございました。動画(英語のみ)はYouTubeにアップロードしています。

2019年2月の月報

【CEO Mikeより】みなさん、2019年1月も終わりました。月次報告が遅れてしまい申し訳ございません。 ご存知の方も多いと思いますが、10年前の2009年1月4日にビットコインの最初のブロック(ブロックゼロ・ジェネシスブロック)が生成されました。その歴史的な誕生から10年。長いようで、たったの10年です。ビットコインはデジタル・ゴールドと言われることもありますが、金は紀元前5000年から現在まで7000年の月日を経て、世界中の信用を築いてきました。それに比べるとビットコインはまだ10年です。まだまだこれからです。 また、日本の大手取引所で580億円相当のNEMの不正流出がおきたのが、昨年の1月26日です。ちょうど一年が経ちました。ここから仮想通貨業界の試練の一年が始まりました。私の中で、2017年は熱狂の年、その反動がきた2018年は価格修正の年、そして今年は本物が生き残り、そして確実に成長していく年になると思います。 当社でも、3月に向けて、更なるプラットフォームの強化、新機能の発表、トークンユティリティの提供など、いろいろ目白押しです。社員一同頑張っております。 また、ネガティブなイメージが先行してしまった仮想通貨業界の健全な発展の為にも、少しずつメディアに出て、啓蒙活動することにしました。その最初が、「真相解説!仮想通貨ニュース! 」へのゲスト出演となります。

2018年12月の月報

いよいよ師走となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。仮想通貨市場はドッグイヤーと言われておりますが、本当にいろいろあります。私はお恥ずかしいことに人生3回目の40度を超える風邪を引いてしまいました。 まず、11月を振り返るにあたり、皆様が一番気になっているのが仮想通貨の値動きではないでしょうか?11月1日のビットコイン価格は71万円でしたが、11月30日は48万円台。一ヶ月で33%も値下がりしました。仮想通貨の価格が驚異的な上昇をはじめたのが昨年の11月ですので、今年も11月より上昇局面を期待した方も多いと思います。私も淡い期待をしておりました。結果は、BCHのハードフォークや、上昇期待への失望から大きく値段を下げました。仮想通貨マイニング業者が赤字に陥り、手持ち仮想通貨の売却ニーズも原因の一つかもしれません。 私のアドバイスとしては、一喜一憂することなく、少しずつコツコツ自分の好きな仮想通貨を購入することです。仮想通貨の存在意義・潜在価値は一年前も今も将来も変わりません。価値のインターネット化という今世紀最大のイノベーションの一つと言っても過言でありません。明日の価格、一ヶ月先の価格を予測することはできませんが、数年後の仮想通貨が今よりも高いのは信じて疑いません。(一方で、今後も値下がりすると強く思われる方は、短期的には売りから入るのもありかと思います)さて事業面ですが、皆様もご存のとおり、日本の仮想通貨交換事業者は業務改善中です。これは、業界の健全な発展の為にも良いことであり、当社も業務改善計画を前倒しで進めております。会社の組織基盤強化、ガバナンス、コンプライアンス、リスクがしっかりしてはじめて成長戦略を描けるからです。ですので、11月は仕込みの月になりました。いくつか進めているパートナーシップも、発表できる段階になりましたら皆様にシェア致しますが、まずは今月の出来事を振り返ります。 11月5日に2種類のステーブルコイン、米Gemini社が発行するGemini USD(GUSD)とCENTREが管理するUSDコイン (USDC) の日本以外の地域での取り扱いを開始しました。プレスリリースは下記をご覧ください。Gemini Circle 11月6日にはQASHのICOから1年を迎え、思うところをブログに投稿させていただきました。記事はこちら あわせて、皆様から頂いたすべての質問に対して、録画ベースではありますが、久しぶりにAsk Me Anythingを行いました。

2018年9月18日(火)の週報

みなさん、こんにちは。先週は日本とシンガポールにて怒涛の日々をおくっておりました。日本ではずっとお会いしたいと思っていた、Coincheck社の勝屋社長とお食事することができて、いろいろお話ができてうれしかったです。一緒に協力して、業界の健全な発展に貢献していきたいと思います。また、シンガポールでは、Cumberland社が主催するプライベートサミットにて、アジアの法規制に関してお話させて頂きました。サミットへの参加取引所だけでも、BitfinexのJean、GeminiのTyler WInklevoss、BinanceのCZ、BitmexのArthur、KorbitのTony、創業CEOが勢揃いした感じです。それぞれ運営方法等の考え方は違うにせよ、同じ業界にいる人間が一堂に会することは非常によいことです。BitmainのJihanやGenesis MiningのMarco、BitfuryのGregとも久しぶりに話ができました。このような素敵なサミットを開催してくれたCumberland社に感謝です。今週は、シンガポールはConsensusですが、私は本日から、中国天津で開催されるWorld Economic Forumに参加してきます。Summer DavosともいわれるこのForumでは、 ”Cracking the Crypto Code: How to Manage Crypto Assets”というセッションにてお話ししました。7月以降、しばらく公の場での登壇を控えておりましたが、World Economic Forumという特別な場では、日本を代表してしっかり発言していきたいと思います。Consensusシンガポールでは、弊社の紺野と事業開発ヘッドのSethが行き、20日には招待制のパーティを開催します。是非シンガポールへいらっしゃる方はご連絡下さい。それでは、これから久しぶりの中国です。どこまでネットアクセスが可能かわかりませんが、わくわくしています。それでは、マーケティングチームよりサービスに関する報告がありますので、以下ご確認ください。

2018年9月10日(月)の週報

こんばんは。9月5日(水)に無事、Liquid by Quoine(「リキッドバイコイン」 以下、"Liquid")をローンチすることができました。これまでの道のりは大変でしたが、辛抱強く、そして温かくサポートしてくださったコミュニティ及びQASHトークン保持者に感謝しております。そして、今回のLiquidローンチにかかわった全社員。彼らなくして本日を迎えることができませんでした。素晴らしい仲間に支えられ、幸せです。私はベトナムオフィスでそれを見届ける予定でしたが、残念ながらフライトと重なってしまい、機内から見守っておりました。思い返せば、私とMarioがQUOINEを創業してから4年。金融出身者がつくる、法令を遵守した、安心で安全な取引所を作りたいという思いからはじめました。スマホ時代が到来し、スマホとウォレットがあれば、国境を超えて仮想通貨を買ったり、売買や、送受信することができる。仮想通貨こそ、当社のミッションでもある「世界の全ての人に金融サービスを」を実現できると思ったのです。それから4年、紆余曲折ありましたが、Liquidはその4年間の集大成です。Liquidは、仮想通貨市場に点在する「流動性」を束ね、より大きな「流動性」を提供することができます。この、大きな流動性の下でお客様が安心して取引できる世界初のプラットフォームです。特に、中核となる「ワールドブック」は、これまでBTC/JPY、BTC/USDなど通貨ペア毎に分かれていた注文をリアルタイムに自動換算し、異なった法定通貨ペアの流動性を統合し、お客様が選択した通貨建てでの取引を可能とします。世界初の試みです。グローバル版Liquidでは、取引所内ICOやリスティング、レンディング、QASHトークンユティリティ等、仮想通貨の様々なニーズに応える統合プラットフォームになります。多くのサービスが日本に先行していますが、日本国内も適切なタイミングで、正式な手順を踏んだ上で提供できるように尽力してまいります。これからも、Liquidは進化していきます。仮想通貨の取引所から、分散型台帳まで、あらゆる金融サービスを融合してまいります。引き続きLiquidをよろしくお願い申し上げます。それでは、当社CFO紺野から社内のメッセージ、マーケティングチームよりサービスに関するいくつかの報告がありますので、以下ご確認ください。