QUOINE太郎

記事一覧(7)

2018年4月14日(土)の週報

みなさん、週末いかがお過ごしでしょうか?今週、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会より「仮想通貨取引についての現状報告」が発表されており、金融庁のサイトにリンクがありましたので共有いたします。それによると、現在国内で延べ350万人の方が仮想通貨を取引されており、年齢層としては20代から40代までで全体の約90%を占めます。またグローバルで流通している仮想通貨全体の時価総額は(仮想通貨1,596種)27兆4,339億円とのことです(※平成30年3月31日時点)。纏まったレポートになっておりますので、ご興味のある方はぜひご一読ください。仮想通貨取引についての現状報告平成30年4月10日 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20180410-3.pdf1. LIQUID(ワールドブック)の開発について今週は、Chief Trading OfficerのAndre Pemmelaar とHead of Marketing JapanのHiroko Nakanoにより日本語でAMA(Ask Me Anything:アンドレに聞いてみよう!)をFacebook Liveにて実施いたしました。多くのみなさまにご視聴いただきありがとうございました。まだご覧いただいていない方はぜひこちらのリンクからご覧ください:https://www.facebook.com/Quoine.jp/videos/238203410062329/ところで、上記のリンクを見るとAndreとHirokoが着ているTシャツ・・・誰だかわかるでしょうか?なんと私の似顔絵のTシャツを着ての登場に私もびっくりしました!(笑)2. FAQページ充実化についてお客様により快適にQUOINEXをご利用いただくため、FAQページの更なる充実化を進めており、 下記の口座開設手順の部分を大幅アップデートしております。・「START QUOINEXアカウント登録からお取引まで」-「ステップ1:QUOINEX口座の開設」、「ステップ2 : 本人確認書類の提出」https://quoinexjp.zendesk.com/hc/ja/categories/115001484787-START-QUOINEXその他の記事も随時修正を行っておりますので、引き続きご支援ください。3. 新経済サミット2018での登壇について今週は11日(水)に恵比寿で開催された新経済サミット2018に登壇いたしました。「仮想通貨を読み解く-デジタル通貨のイノベーションを理解するために」と題したセッションで、楽天フィンテックファンド マネージングパートナー兼 楽天株式会社 執行役員のオスカー・ミエルさんと、アルゴングループ マネージング・ディレクターのエリオット・ハンさんとのパネルディスカッションに参加しました。

2018年3月24日(土)の週報

みなさん、平年より早く、気象庁が17日に東京で桜の開花宣言をしたようですが、桜を楽しまれていらっしゃいますか?弊社には花粉症に悩む社員も多いので、みなさんもくれぐれも無理なさらないで。また、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、金融庁は23日、改正資金決済法に基づき、香港に本社を置く仮想通貨交換業者のバイナンスに警告を出したと発表しました。無登録のまま日本で営業していることなどが理由で、無登録業者への警告は2件目になります。健全な取引環境を整える為に、金融庁は今後より一層無登録業者による違法行為を摘発していくと思いますので、みなさんも日本の登録事業者で売買されることを推奨致します。日本経済新聞 金融庁、香港の仮想通貨交換業者に警告 無登録営業で:https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL23HQP_T20C18A3000000/金融庁 平成30年3月23日 Binance に対する警告書の発出について:https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/Binance_keikokushilyo.pdfでは今週の週次報告をさせていただきます。1. 経営陣の強化身内を褒めるのは恥ずかしいですが、大変喜ばしいことに、今後のQUOINEの成長を担ってくれる世界トップクラスの人材が経営陣に参画してくれました。ベンチャーにとって最も重要なのは人材です。ブランドもリソースも潤沢にある大手と戦っていく為には 「人」 が全てだからです。よって、私が今一番力をいれているのが人材です。自分よりも圧倒的に優秀で、且つそれぞれの分野において世界の第一人者を雇うことに自分の時間の多くを割いています。特に日本・アジアのベンチャーで世界トップクラスの方々に参画頂くのは簡単ではありません。数ヶ月~一年におよぶリクルーティングプロセスを経て参画いただきますので、本日発表できることを幸せに感じております。最高リスク&コンプライアンス責任者 (Chief Risk Officer / Chief Compliance Officer) として、田中玲が入社いたしました。田中は金融業界で20年以上の経験を有し、QUOINE入社以前はPwCのパートナー、そしてフィンテック&イノベーション室の室長として、フィンテックに関わる事業戦略、ビジネスモデルの構築から実装、各種の保証業務までワンストップでのサービスを提供していました。ベンチャーで一番足りないのはコンプライアンスやリスク管理ですが、田中の参画により一気にグローバルトップレベルを目指します。Linkedin:https://www.linkedin.com/in/reitanaka/最高セキュリティ責任者 (Chief Information Security Ofiicer) として、Mike Mullinsが入社いたしました。Mike Mullinsは米国国家核安全保障局、米国シークレットサービス(後米国国土安全保障省)、米国エネルギー省、米国住宅都市開発省、米国国土安全保障省、米国国防情報システム局、オークリッジ国立研究所、サンディア国立研究所、SMエナジー、ラスベガスサンズおよびプルデンシャル・アジアなどのアメリカ政府と多国籍企業250社でグローバルネットワークセキュリティや、運用、管理、セキュリティエンジニアリング、及び実装に30年近くの経験を持ちます。仮想通貨交換事業者として、最も重要なのがセキュリティです。外部・内部ハック等、セキュリティ対策は終わりのないの戦いです。またセキュリティはグローバルでどんどん進化しており、その最先端が米国です。Mike Mullinsは直近までワシントンで核の安全保障のサイバーセキュリティ責任者であり、何度もラブコールを送った結果、ようやく参画してくれました。世界一安全で安心な仮想通貨取引所を目指します。Linkedin: https://www.linkedin.com/in/mullinsmichael89117/最高人事責任者 (Chief People Officer) として、Jason Wagnerが入社いたしました。前職では、シンガポールに拠点を置く金融サービスの人材関連事業に10年間従事しておりました。 それより前はイタリア、ドイツでフォートレス・インベストメントグループの不動産、不良債権事業で最高執行責任者及び技術責任者を務めており、その以前はゴールドマン・サックス、マッキンゼーに勤めていました。繰り返しになりますが、ベンチャーにとって”人”が全てです。チームも一年前の40人から200人近くまで成長するにあたり、会社としてのビジョンやカルチャーを育てていく必要があります。Jasonは人を引きつける魅力と人間力に満ち溢れ、金融サービスでありつつもベンチャーの楽しさをバランスさせる重要な責務を担います。Linkedin:https://www.linkedin.com/in/jason-wagner-b9011a/トレーディング・サービス開発チーム(SVP of Product) として、Vincent Morneauが入社いたしました。パリ、ニューヨークの金融業界で15年間勤務し、この10年間はメリル・リンチ東京支社で、APACのマーケットメイクテクノロジーのヘッド、自動取引エンジン (QATE) 開発チームのグローバルヘッドを務めました。 自己勘定取引や、マーケットメイクテクノロジーに焦点を当て、世界規模の取引プラットフォームの構築、及び管理に関する豊富な経験を積んでおります。Vincentには、世界中の流動性を束ねていくLIQUIDの開発に大きく貢献してもらう予定です。Linkedin:https://www.linkedin.com/in/vincent-moreau-12117b3/私は、今までも優秀な方々にサポート頂きながら成長してきましたが、QUOINEでは更にもう一段上を目指していきますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。2. WEB版取引画面のUX/UI向上今週は、WEB版の取引画面のUX/UIを2点、改善いたしております。まずは、「マーケット」画面にて取引高、出来高、騰落率上位を一覧で確認頂けるようになりました。大きな通貨ロゴ・バナーで視認性も向上しております。次に、「ウォッチリスト」の通貨ペア追加方法が変わりまして、取扱通貨ペアの一覧から簡単に追加できるようになりました。今後は、約定時の結果表示スピードの向上等、システムの改修も進めております。引き続き、お客様の利便性を高められるように精進して参ります。

2018年3月17日(土)の週報

みなさん、3月も中旬ですね。来週の水曜は春分の日ですが、週末いかがお過ごしでしょうか?仮想通貨市場は依然として不安定な動きをしておりますので、くれぐれも慎重に。では今週の週次報告をさせていただきます。1. 米グーグル社の広告ポリシー改訂について今週、米グーグル社が仮想通貨に関わる広告を6月以降掲載しないという発表をしました(ポリシーリンク :https://support.google.com/adwordspolicy/answer/7648803?hl=ja&ref_topic=29265)。弊社は金融庁登録(関東財務局長第00002号)の仮想通貨取引所で、一度も問題がない健全な取引所ですが、問い合わせたところ、金融庁登録業者でも例外なく広告掲載は中断されるとのこと。個別企業(グーグル)が、ある特定の業界(仮想通貨業界)全体を全面禁止するのが果たして許されるのか甚だ疑問ですが、大変残念です。本来、よい企業と詐欺まがいの企業をちゃんと見極めるべきと思います。2. 今週のメディア掲載について【メディア掲載ー1】NHK WORLD NEWSNHK WORLD NEWSのICOs: New Era of Fundraisingにて、戦略的事業提携先のジブラルタル証券取引所グループ様と一緒にご紹介いただきました。ニュースは、下記のリンクからご覧いただけます(弊社のご紹介は2:05から3:15です)https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/news/videos/20180308165343425/ジブラルタル証券取引所グループ様とは昨年末に戦略的事業提携を発表させていただいておりますので、今回NHK様にご紹介いただきまして大変光栄です。弊社プレスリリース:ジブラルタル証券取引所グループとの グローバル戦略的事業提携および QUOINEグループによるヨーロッパへの本格進出について:https://www.atpress.ne.jp/news/146226一昨日もシンガポールで開催されたMoney20/20でCEOのNickさんとお会いし、同社とのより強力なパートナーシップを確認しました。【メディア掲載ー2】女性誌anan(アンアン)3月14日(水)発売の女性誌anan(アンアン)にてQUOINEX(コインエクスチェンジ)をご紹介いただきました。「アラサー女子が気になる今さら聞けないギモンを解明」という特集の中で、オススメの取引所としてご紹介をいただきました。何を隠そう男性のお客様が多い状況の中、私でも知っているくらい有名な女性誌のanan(アンアン)様にご紹介いただけるなんて嬉しいです! いつか、表紙目指します。。笑【メディア掲載ー3】FastGrow(ファストグロー)新産業・イノベーション領域にフォーカスした「FastGrow(ファストグロー)」にて、インタビュー記事が掲載されました。インタビュアーのスローガン株式会社野島様の絶妙な会話で、大変わかりやすい記事となっておりますので、ぜひご一読ください。記事はこちら:https://www.fastgrow.jp/articles/quoine-kayamori3. QUOINE LIQUID開発の進捗についてアメブロにて初めてお読みいただく方もいらっしゃいますので、少しQUOINE LIQUIDプラットフォームについてご説明させていただきます。弊社QUOINEは、世界中に点在する仮想通貨取引所が提供する全ての流動性を一つの取引プラットフォーム(World Book:ワールドブックと呼んでいます)に集約し、その流動性を享受するために必要な各種関連サービス(Prime Brokerage)を一体で提供することにより、LIQUIDプラットフォームをご利用のユーザー様全てに世界中の流動性へのアクセスを可能にするという構想で開発をしております。そのワールドブックを支えるコア技術である「マルチ・マーケット・オーダー」の本番環境での実装が木曜日深夜に無事稼働しました(限定された通貨ペアですが)。不正流出事件を起因とした当局によるセキュリティ再チェック等でLIQUID開発へ十分なリソースを確保できずにいたため、遅れておりました開発が、ここに順調に進んでおりますことを報告でき嬉しく思います。4. カスタマーサポート体制の強化について仮想通貨業界全体への関心の高まりを受け、弊社取引所サービスへの口座開設お申し込みが殺到しており、お取引をご希望のお客様には長らくお待たせすることになり大変ご迷惑をお掛けしております。弊社は特にセキュリティに力を入れており、ご本人様確認等より時間をかけての対応をしているという点や、それが故にプロセスが複雑化している点もお待たせする要因となっております。これを解消するため、カスタマーサポートチームの人員数増加はもちろんですが、口座開設プロセスの効率化やお客様への口座開設ご案内をより分かりやすくさせていただく取り組みを進めております。どうかご理解と引き続きのご支援をいただけますと幸いです。5. MONEY 20/20での登壇について3月13日から15日の3日間、シンガポールにて開催されたMONEY20/20というイベントにお招きいただき、複数のパネルディスカッションに登壇させていただきました。やはり、グローバルでも圧倒的にICOに関する関心が高く、ICOの良し悪し、資金調達の民主化等いろいろ話をしました。ICOは今後規制されていくことはあってもなくなることはありません。実際、シンガポール金融当局は、いろんなICOの事例を紹介して世界のリーダーになろうとしているを強く感じました。日本でも、ICOの議論がちゃんとできればと思っております。

2018年3月10日(土)の週報

みなさん、週末いかがお過ごしでしょうか?明日は3月11日です。2011年に発生した東日本大震災から7年となりました。まずは被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、皆様が心穏やかな日々を取り戻せることをお祈りしております。そして、仮想通貨は募金や慈善活動等の小口送金に最も有用な手段と信じておりますので、将来的な普及は社会的意義があると思います。それでは、今週の週次報告を行います。1. 業界の動向について連日の報道にてご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、金融庁は3月8日に仮想通貨交換業者7社に対する行政処分を発表しました。弊社は何よりもセキュリティやお客様資産の安全を最優先にしておりますので、今回の処分対象ではありません。今後も誠心誠意事業を行って参ります。おそらく、今後も行政処分はでてくると思いますが、強すぎる規制や処分は業界発展の阻害要因にもなりますので、育成と規制の境界線が難しいですね。2. 入金時間の大幅短縮についてこれまで多くのお時間を頂いておりました、法定通貨(日本円)の入金反映時間を大幅に短縮しました。弊社受付用銀行口座入金後、約1時間でお客さまご自身のアカウントへ反映致します。入金方法はこれまで同様に所定の手続きが必要ですので、今一度ご確認のほどよろしくお願い致します。日本円入金方法詳細はこちら(※振り込み名義は必ず「入金ID 振り込み名義」の形で記載ください):http://bit.ly/2Gaj1L0次のステップとして、出金時間(特に仮想通貨)の短縮方法を試みます。