QUOINE太郎

記事一覧(24)

2018年12月の月報

いよいよ師走となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。仮想通貨市場はドッグイヤーと言われておりますが、本当にいろいろあります。私はお恥ずかしいことに人生3回目の40度を超える風邪を引いてしまいました。 まず、11月を振り返るにあたり、皆様が一番気になっているのが仮想通貨の値動きではないでしょうか?11月1日のビットコイン価格は71万円でしたが、11月30日は48万円台。一ヶ月で33%も値下がりしました。仮想通貨の価格が驚異的な上昇をはじめたのが昨年の11月ですので、今年も11月より上昇局面を期待した方も多いと思います。私も淡い期待をしておりました。結果は、BCHのハードフォークや、上昇期待への失望から大きく値段を下げました。仮想通貨マイニング業者が赤字に陥り、手持ち仮想通貨の売却ニーズも原因の一つかもしれません。 私のアドバイスとしては、一喜一憂することなく、少しずつコツコツ自分の好きな仮想通貨を購入することです。仮想通貨の存在意義・潜在価値は一年前も今も将来も変わりません。価値のインターネット化という今世紀最大のイノベーションの一つと言っても過言でありません。明日の価格、一ヶ月先の価格を予測することはできませんが、数年後の仮想通貨が今よりも高いのは信じて疑いません。(一方で、今後も値下がりすると強く思われる方は、短期的には売りから入るのもありかと思います)さて事業面ですが、皆様もご存のとおり、日本の仮想通貨交換事業者は業務改善中です。これは、業界の健全な発展の為にも良いことであり、当社も業務改善計画を前倒しで進めております。会社の組織基盤強化、ガバナンス、コンプライアンス、リスクがしっかりしてはじめて成長戦略を描けるからです。ですので、11月は仕込みの月になりました。いくつか進めているパートナーシップも、発表できる段階になりましたら皆様にシェア致しますが、まずは今月の出来事を振り返ります。 11月5日に2種類のステーブルコイン、米Gemini社が発行するGemini USD(GUSD)とCENTREが管理するUSDコイン (USDC) の日本以外の地域での取り扱いを開始しました。プレスリリースは下記をご覧ください。Gemini Circle 11月6日にはQASHのICOから1年を迎え、思うところをブログに投稿させていただきました。記事はこちら あわせて、皆様から頂いたすべての質問に対して、録画ベースではありますが、久しぶりにAsk Me Anythingを行いました。

2018年9月18日(火)の週報

みなさん、こんにちは。先週は日本とシンガポールにて怒涛の日々をおくっておりました。日本ではずっとお会いしたいと思っていた、Coincheck社の勝屋社長とお食事することができて、いろいろお話ができてうれしかったです。一緒に協力して、業界の健全な発展に貢献していきたいと思います。また、シンガポールでは、Cumberland社が主催するプライベートサミットにて、アジアの法規制に関してお話させて頂きました。サミットへの参加取引所だけでも、BitfinexのJean、GeminiのTyler WInklevoss、BinanceのCZ、BitmexのArthur、KorbitのTony、創業CEOが勢揃いした感じです。それぞれ運営方法等の考え方は違うにせよ、同じ業界にいる人間が一堂に会することは非常によいことです。BitmainのJihanやGenesis MiningのMarco、BitfuryのGregとも久しぶりに話ができました。このような素敵なサミットを開催してくれたCumberland社に感謝です。今週は、シンガポールはConsensusですが、私は本日から、中国天津で開催されるWorld Economic Forumに参加してきます。Summer DavosともいわれるこのForumでは、 ”Cracking the Crypto Code: How to Manage Crypto Assets”というセッションにてお話ししました。7月以降、しばらく公の場での登壇を控えておりましたが、World Economic Forumという特別な場では、日本を代表してしっかり発言していきたいと思います。Consensusシンガポールでは、弊社の紺野と事業開発ヘッドのSethが行き、20日には招待制のパーティを開催します。是非シンガポールへいらっしゃる方はご連絡下さい。それでは、これから久しぶりの中国です。どこまでネットアクセスが可能かわかりませんが、わくわくしています。それでは、マーケティングチームよりサービスに関する報告がありますので、以下ご確認ください。

2018年9月10日(月)の週報

こんばんは。9月5日(水)に無事、Liquid by Quoine(「リキッドバイコイン」 以下、"Liquid")をローンチすることができました。これまでの道のりは大変でしたが、辛抱強く、そして温かくサポートしてくださったコミュニティ及びQASHトークン保持者に感謝しております。そして、今回のLiquidローンチにかかわった全社員。彼らなくして本日を迎えることができませんでした。素晴らしい仲間に支えられ、幸せです。私はベトナムオフィスでそれを見届ける予定でしたが、残念ながらフライトと重なってしまい、機内から見守っておりました。思い返せば、私とMarioがQUOINEを創業してから4年。金融出身者がつくる、法令を遵守した、安心で安全な取引所を作りたいという思いからはじめました。スマホ時代が到来し、スマホとウォレットがあれば、国境を超えて仮想通貨を買ったり、売買や、送受信することができる。仮想通貨こそ、当社のミッションでもある「世界の全ての人に金融サービスを」を実現できると思ったのです。それから4年、紆余曲折ありましたが、Liquidはその4年間の集大成です。Liquidは、仮想通貨市場に点在する「流動性」を束ね、より大きな「流動性」を提供することができます。この、大きな流動性の下でお客様が安心して取引できる世界初のプラットフォームです。特に、中核となる「ワールドブック」は、これまでBTC/JPY、BTC/USDなど通貨ペア毎に分かれていた注文をリアルタイムに自動換算し、異なった法定通貨ペアの流動性を統合し、お客様が選択した通貨建てでの取引を可能とします。世界初の試みです。グローバル版Liquidでは、取引所内ICOやリスティング、レンディング、QASHトークンユティリティ等、仮想通貨の様々なニーズに応える統合プラットフォームになります。多くのサービスが日本に先行していますが、日本国内も適切なタイミングで、正式な手順を踏んだ上で提供できるように尽力してまいります。これからも、Liquidは進化していきます。仮想通貨の取引所から、分散型台帳まで、あらゆる金融サービスを融合してまいります。引き続きLiquidをよろしくお願い申し上げます。それでは、当社CFO紺野から社内のメッセージ、マーケティングチームよりサービスに関するいくつかの報告がありますので、以下ご確認ください。

2018年6月30日(土)の週報

みなさん、週末いかがお過ごしでしょうか?今日で6月も終わり、2018年も半分が過ぎようとしております。そして、先週金曜日の金融庁の業務改善命令から一週間が経ちました。既に、当社としての公式コメントと私のビデオメッセージはお伝えさせていただきましたが、業務改善計画の作成と改善対応の実施に全力を尽くしております。また、6月27日(水)に第三回定時株主総会を開催致しました。株式会社にとって、株主総会はもっとも重要なイベントの一つです。過去一年の総括でもあり新年度の決意の場でもあり、事業報告や新年度の取締役の選任を決議しました。その事業報告にあたり、過去一年の棚卸しを行ったのですが、改めて昨年4月の仮想通貨関連法案施行から激動の一年でした。4月の法令施行後の5月11日に登録本申請が受理され、9月29日に仮想通貨交換事業者の登録第一弾として無事登録ができました。その後、11月にICO(QASHトークン)を実施し、年明け1月にコインチェックでの不正流出、そして立ち入り検査と息つく間もありませんでした。その間も、トッププライオリティとしてお客様の資産の安全管理、サイバー攻撃やなりすましに対して、絶対にお客様の資産が盗難や不正流出されないように全力で対策を打ってまいりました。今回、ガバナンス等の改善命令はうけておりますが、セキュリティに関しては、当局にも一定のご評価をいただきました。ただ、まだまだ組織として至らないところがあります。より一層経営管理態勢を強化していきますので、引き続き皆様のサポートを頂けますと幸いです。最後になりますが、当社マーケティングチーム、カスタマーチャンピオンより、サービスに関するいくつかの報告がありますので、以下をご確認ください。