shinya nakamura

記事一覧(3)

2018年7月14日(土)の週報

みなさん、週末いかがお過ごしでしょうか?私は、ベトナムの新オフィス開設にあたり、ベトナム出張してきました。既に100人を超えているベトナムオフィスは活気に満ち溢れ、感無量でした。また、水曜日には、ベトナムオフィスよりAMA(Ask me Anything:何でも聞いて)配信を行いました。”社長太りました??” 等の温かい励みのお言葉も頂き、久しぶりのライブ配信若干緊張しました。。。笑当社は現在、業務改善と経営管理態勢の強化を図っておりますが、私も心と体の強化改善を行う決意をしました。ライブAMAをお聞きになられていない方も多いと思いますので、そのおさらいも含めて、改めてLiquidに対する思いを以下の通りまとめてみました。1. 名称変更、Liquidへの統一 今回、統合プラットフォームとなるLiquidをローンチするにあたり、他サービスの名称も統一することにしました。QASHトークンはLiquidトークン、そして、並行して開発しているブロックチェーンはQASH BlockchainからLiquid Distributed Ledger(LDL)に名称変更します。変更のタイミングは、Liquidプラットフォームのローンチ時になりますが、これも関係当局に確認をとりながら進めていきます。2. Liquid Distributed Ledger(LDL)の可能性と対象業界 金融業界は世界経済の20−30%を占めると言われております(OECD)。お金は経済の血液と言われている通り、世界経済にとって金融はもっとも大切な機能の一つであります。そして、その金融業界へイノベーションをもたらすフィンテック企業は、世界経済の発展と進化に貢献します。例えば、米AmazonがAWSをローンチした際、彼らは大企業や官公庁でなく、シリコンバレーのベンチャーに特化しました。そこで実績をあげ、サービスを強化し、今では世界最大のクラウドサービスを提供しています。QUOINE自身がフィンテックベンチャーであり、必要不可欠な機能やインフラを理解しているからこそ、フィンテックに特化したブロックチェーンをつくることができます。Liquid Distributed Ledgerは、まさにフィンテックスタートアップに特化した分散型台帳を開発・提供できるのです。3. Liquid Distributed Ledger(LDL)の開発に関してLDLの開発は、当社が責任をもって開発しております。順調にいきますと、9月頃にアルファ版のローンチ、そして年内にはベータ版の発表ができると思います。更に来年前半から中頃にかけて、TestnetからMainnetまでもっていく予定です。その上で、然るべきタイミングでオープンソース化し、その後は開発者コミュニティがLDLの進化の担い手になっていきます。4. LDL と Liquidトークンの将来LDLがオープンソース化され、開発コミュニティとFoundation(非営利団体)に委ねられた段階で、LDLはQUOINEからディカップルされます。自然人も法人もいつかは終わりが来ますが、オープンソース化されたLDLは未来永劫、開発者に愛される限り機能強化を続け、永続的に進化します。LDLのネイティブトークンであるLiquidトークン(現QASHトークン)も、QUOINEの各サービスのユーティリティ型トークンからLDLに紐づくネイティブトークンとして生き続けることになります。5. 純粋仮想通貨(ネイティブトークン)としての、Liquidトークンの価値Liquidトークンは、現在のユーティリティ型トークンから純粋な仮想通貨に進化します。ユーティリティトークンは、理論的にはその利便性が価値になります。また、有価証券型トークンは、その発行元が将来稼ぎ出すキャッシュフローの現在価値になります。つまり、ユーティリティトークンも有価証券型トークンも、その企業の栄枯盛衰、そしてその企業の終わりとともに価値がなくなります。一方、純粋仮想通貨となるLiquidトークンは、開発者コミュニティがLDLの進化に貢献するかぎり、その価値は永続的に続きます。そこが純粋仮想通貨であるLiquidトークンと、その他多数のユティリティ・有価証券型トークンとの違いになります。6.QUOINEのLDLへの関わり方当社は、責任をもってLDLの開発の担い手として貢献していきますが、開発者コミュニティに委ねた後は、LDLを使う最大のフィンテックベンチャーとしてサポートして行く予定です。近々ローンチ予定のLiquidプラットフォームもLDLに移行する予定ですし、世界初のモバイル・ブロックチェーン・バンクもLDL上に開発する予定です。世界に数多あるブロックチェーンはディベロッパーの獲得に苦労しておりますが、その点、当社はLDLの最大の顧客となってサポートしていきます。是非ご期待下さい!最後になりますが、当社CFO紺野からのメッセージと、マーケティングチームよりサービスに関するいくつかの報告がありますので、以下をご確認ください。

2018年7月7日(土)の週報

みなさん、週末いかがお過ごしでしょうか?7月も第一週が終わり、今日は七夕ですね。QUOINE、LIQUID、QASHトークンの成長と安心・安全な取引所の祈願をしました。さて、今週も当局と打ち合わせしました。その中で、QASHトークンの発行者として、トークン購入者に対して、LIQUIDの進捗状況の説明を、どのようなタイミングで、そして、どのような伝達方法で開示すべきかいろいろ議論をしました。ご存知のとおり、当社は日本で法令を遵守したICOを行った数少ない会社です。常に、顧客保護(適切な開示)を最重要課題として対応してきました。現在、自主規制団体や有識者会議でICOの議論がなされていますが、既に先行してICOを行った当社としては、日本におけるICOの方向性が決定するまで待つことが許されません。なぜなら、既にトークンを購入された方々に正しい情報を提供し、保護する責任があるからです。当社の適時開示の方法が、来たるべき日本のICOにおけるグッド・プラクティスになれるよう努力しております。特に、海外と日本では法規制などの環境が異なることからLIQUID Platformで実現可能な機能が違ってきます。正しい開示をするためにも、その違いを明確に伝える責任があります。現時点の大きな違いは以下です。海外→現物・信用取引可能、ICO可能、新規リスティング可能、Airdrop等各種プロモーション可能日本→現物・差金取引可能、ICO、新規リスティング、Airdrop等は当局承認後に可能(予定)何よりも重要なのは、このLIQUIDのローンチにより、圧倒的な流動性を提供できることになります。これは海外も日本もかわりません。当社としては、各国の現行法令を遵守し、各国の規制当局と足並みを揃えながら、健全な仮想通貨市場の発展のために努力していきますので、引き続きご理解とサポートをお願い申し上げます。最後になりますが、当社CFO紺野からのメッセージとマーケティングチームより、サービスに関するいくつかの報告がありますので、以下ご確認ください。PS. 今週半ばに、ベトナム新オフィスよりLIQUID/QASHに対するビジョンをLive AMAとして実施する予定です。オンラインのみになりますが、AMAでお会いできるのを楽しみにしております。